〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-6

tel.042-521-1117

専用駐車場有り

JR南武線「西国立駅」徒歩6分

9:30~12:00
14:00~17:00

休診日:火曜、日曜、祝日
水曜午後は手術のため外来診療なし
木曜午後は非常勤医師の診察になります
▲ 土曜日は9:30~12:30
※当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりません

白内障

白内障とは

白内障

通常、物を見るときは焦点(ピント)を無意識に合わせています。この焦点を合わせる役割を持つ眼の中のレンズを水晶体と呼びます。白内障はこの水晶体が濁ってしまう病気です。白内障になると、光が眼の奥に十分に届かなくなり焦点が合いにくくなる、かすんで見えるなどの症状を引き起こします。白内障には様々な原因がありますが、主に加齢にともなって進行し、80歳代では100%の人が白内障になると言われています。

原因は加齢など様々

加齢性白内障はゆっくりと進行するため初期症状がほぼ現れません。眼科を受診した際に初めて白内障の診断をされることも珍しくありません。
また加齢以外の原因として、以下のようなものがあげられます。

  • 紫外線・喫煙など
  • 外傷(頭部の打撲など)
  • 病気(アトピー性皮膚炎、糖尿病など)
  • 眼の手術歴(網膜剥離や眼底出血など)
  • 薬剤(ステロイド剤など)
  • 先天性白内障

検査、治療について

白内障を疑うような症状がある場合は、診察室で水晶体を観察し白内障の有無を調べます。また、白内障以外の病気が見つかることもあるため、眼圧や眼底などの検査もあわせて行います。
白内障と診断された場合、治療内容は進行の程度によって異なります。ごく初期であれば、経過観察や点眼療法となります。ただし点眼療法では完治することはなく、進行の程度を遅らせるためのものです。根本治療としては手術のみですが、日常生活を過ごすうえで患者さんご自身が不便を感じるようになってきてから手術を検討しています。

≫日帰り白内障手術についてくわしくはこちら

〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-6

tel.042-521-1117

専用駐車場有り

JR南武線「西国立駅」徒歩6分

9:30~12:00
14:00~17:00

休診日:火曜、日曜、祝日
水曜午後は手術のため外来診療なし
木曜午後は非常勤医師の診察になります
▲ 土曜日は9:30~12:30
※当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりません

facebook instagram
PAGETOP