〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-6

tel.042-521-1117

専用駐車場有り

JR南武線「西国立駅」徒歩6分

※白内障手術の待ち時間は2〜4週間前後になります。
9:30~12:00
14:00~17:00

休診日:火曜、日曜、祝日
水曜・木曜・金曜午後は手術のため外来診療なし
(外来診療を行う際はHP上又は院内掲示にてお知らせいたします)
▲ 土曜日は9:30~12:30
※初診受付は診療受付終了時間の30分前までとなります
※当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりません※白内障手術の待ち時間は2〜4週間前後になります。

眼内レンズについて

眼内レンズとは

⽩内障⼿術ではもともと眼の中にあるレンズ(⽔晶体)を摘出しますが、そのままではどこにもピントが合わず、全体がぼやけた⾒え⽅になってしまいます。ピントを合わせるためには⼈⼯の⽔晶体を挿⼊する必要があり、これを眼内レンズといいます。

手術

眼内レンズの種類

眼内レンズには眼鏡と同じように様々な度数があり、どこにピントを合わせるか⾃由に決めることができます。しかし、元々の⽔晶体とは違って通常の眼内レンズ(単焦点眼内レンズ)はピントの合う位置が1ヵ所であるため、基本的には⼿術後も眼鏡が必要です。裸眼で遠近両⽅を⾒やすくして眼鏡を使う頻度を下げる眼内レンズもありますが、保険診療外(選定療養や⾃由診療)での扱いとなります。

眼内レンズの種類について詳しくはこちら≫

単焦点眼内レンズについて
(保険診療)

保険診療で扱える⼀般的なレンズであり、眼内レンズの中では⾒え⽅が最も鮮明です。ただし、1ヵ所にしかピントが合わないため、原則として⼿元か遠くかどちらかを選び裸眼でよく⾒えるようにします。選ばなかった⽅は眼鏡をかけて⾒ることになり、眼鏡が必要になります。乱視の矯正ができるレンズもあります。

単焦点眼内レンズ挿入時の見え方のイメージ

遠くを裸眼で見る場合、手元は眼鏡が必要
手元を裸眼で見る場合、遠くは眼鏡が必要

単焦点レンズについて詳しくはこちら≫

低加⼊度眼内レンズについて
(保険診療)

保険診療内で扱えるレンズです。単焦点レンズが⼆つ合わさっているレンズで、ピントの合う範囲が広くなるのが特徴です。ただしピントの合う範囲の⾒え⽅はわずかに単焦点レンズに劣ります。

低加入度眼内レンズ挿入時の見え方のイメージ

手元を裸眼が必要だが、中間~遠くは裸眼で見える

低加入度レンズについて詳しくはこちら≫

多焦点眼内レンズについて
(選定療養)

選定療養で扱えるレンズです。多焦点眼内レンズには遠近両方が裸眼で見えるものをはじめ様々なタイプがあります。共通する特徴としてピントが合っている位置の見え方が単焦点眼内レンズよりもやや劣ります。
しかし眼鏡を使う頻度を減らすことができるので、仕事や趣味などで眼鏡を使いたくない方や、元々眼鏡を使うことのなかった⽅などに適しています。

多焦点眼内レンズ挿⼊時の⾒え⽅のイメージ
(ほかにも様々なタイプがあります)

手元も遠くを裸眼で見えるが、眼鏡が必要なこともある

多焦点レンズについて詳しくはこちら≫

選定療養について

現在多焦点眼内レンズを⽤いた⽩内障⼿術は選定療養制度の適⽤となりました。選定療養制度では保険診療に眼内レンズ代を上乗せする形となり、完全⾃費の⾃由診療よりも費⽤が抑えられます。

選定療養について詳しくはこちら≫

保険適応‧選定療養の⼿術費⽤

保険診療での⽩内障⼿術

▶単焦点レンズ‧低加⼊度レンズ

【手術費用(レンズ費用込み)】1~3割負担

⽚眼につき
1割負担の方 約18,000円(※)
2割負担の方 約18,000円(※)
3割負担の方 約60,000円

※1割負担、2割負担の方の場合、ひと月の医療費支払い上限額は18,000円となります

選定療養での⽩内障⼿術

▶多焦点レンズ

【手術費用】保険適用にて1~3割負担+【眼内レンズ費用】自費にて負担

⽚眼につき
上記保険診療に加え 150,000~220,000円

選定療養について詳しくはこちら≫

〒190-0021 東京都立川市羽衣町2-49-6

tel.042-521-1117

専用駐車場有り

JR南武線「西国立駅」徒歩6分

9:30~12:00
14:00~17:00

休診日:火曜、日曜、祝日
水曜・木曜・金曜午後は手術のため外来診療なし
(外来診療を行う際はHP上又は院内掲示にてお知らせいたします)
▲ 土曜日は9:30~12:30
※初診受付は診療受付終了時間の30分前までとなります
※当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりません※白内障手術の待ち時間は2〜4週間前後になります。

facebook